Skip to content

ツーウェイオールの使い方

ツーウェイオールは便利だといいますが、具体的にはどこが便利なのでしょうか。どう使えば良いのでしょうか。このページではそれを解説します。

そもそもツーウェイオールはそれまで主流だったカバーオールとワンピースの新生児服の、欠点を克服し、利点を足し合わせたものとして生み出されました。それを可能にしたのは、その名の通り2通りの着せ方が出来るという点です。

Yシャツのように前面をボタンで留めるようになっているのですが、このボタンの留め方次第でワンピース型にもカバーオール型にもなり、さらに前を開いてしまうことも出来るという、大変便利な特徴を持っています。

ワンピース型にもカバーオール型にもなるという特徴は、新生児から生後6ヶ月頃まで着続けることが出来るという利点にもつながっています。例えば、新生児の頃にはワンピース型に、足をバタつかせる用になってきたらカバーオール型に、というように、赤ちゃんの成長に合わせてタイプを切り替えることが出来るからです。
また、前をひらけるという点も、ワンピースが退場におむつ交換などを簡単にしてくれます。

近年ではボタンの色をひとつひとつ異なるものにすることで、つけ間違いを防げるように工夫を凝らされた商品も販売されています。

購入時のポイント

とても大事な赤ちゃんの服なのだから、少しでも良いものを買ってあげたいと思うのが人情です。しかし最初のうちは、あまり高価なツーウェイオールを買い与えても、すぐに駄目にしてしまう可能性があります。これはツーウェイオールに限った話ではありませんが、赤ちゃんというのは何度も粗相をしでかすものです。赤ちゃんが排便や吐き戻しを予期せぬタイミングで行ってしまい、服を汚してしむという事態が頻発することはもはや避けられない事態と言っても良いです。

そのため、服を洗ってもきれいに汚れを取ることが出来ず、我慢して使うか、捨ててしまうしかできなくっていまいます。もちろんあまり粗悪なものを買い与えるわけには参りませんが、高品質を追い求めるよりは、より安価なツーウェイオール型新生児服を何枚か買い揃え、汚してしまったら取り替えたり、買い足したりする方が、結果として経済的になりますし、何より衛生的です

また、あまり粗悪なものは避け、手触りの良いものを揃えるようにしましょう。赤ちゃんの肌は敏感ですから、肌触りが悪いと、すぐにイヤイヤをしてしまいます。安いからといって質の悪い新生児服を選んで、結局着てくれずに買い直すのは、経済的にも精神的にも、良い手段だとは言えません。

参考リンク⇒ベビー服新生児肌着 | チャックルベビー通販サイト

新生児服の種類

当サイトでは、新生児服であるツーウェイオールについて解説します。ですがその前に、新生児服の種類をいくつか紹介します。

生まれたばかりの子供に着せる服には、とても気を使うものです。赤ちゃんの敏感な肌を傷つけないように、蒸れてしまわないようにと、様々な点に気を配らねばなりません。そしてそのようなニーズに応えて、ワンピース型(ドレスオール型)やカバーオール型など、いくつかの種類の新生児服が存在しています。

そのひとつが、ツーウェイオール型の新生児服なのです。前述の2種類の新生児服のうち、ワンピース型はスカートのようになっているため、おむつ交換が比較的容易であるという利点がありますが、すぐにめくれておむつが見えてしまうし、ハイハイをするときにはひざが床と直接こすれるので、外での使用には不便、ひらひらしているために抱き上げにくいなどの欠点がありました。そしてカバーオール型も動きやすく、外でも使いやすいものの、下はズボンになっているため、おむつ交換には少々不便だという欠点がありました。これら2つの新生児服の利点を獲得し、されに欠点を克服しようと発案されたのが、ツーウェイオール型新生児服です。

その名前の通り2種類の着せ方が可能で、赤ちゃんのお世話を大幅に楽にしてくれるツーウェイオール型新生児服は、現在とても人気のあるタイプの新生児服です。どうぞ当サイトで、赤ちゃんに快適な生活を送ってもらえるツーウェイオールの使い方を学んでいってください。